腰痛改善ストレッチ

腰痛改善ストレッチ

腰が痛くなれば、「まずストレッチ」と考えますよね。
疲れた腰を伸ばしていくのは、とても気持ちが良いものです。

ただ、注意しなくてはいけないのは、腰痛を改善するためのストレッチは、腰痛の原因や症状を踏まえて行うのが重要です。
単に筋肉の疲労や、運動不足からくる腰の重さや痛みなら良いのですが、脊椎に障害がある場合など、病状を悪化させてしまうこともあるので、自分の勝手な判断で腰のストレッチをするのでなく、医師に相談しながら行うことが大切です。


ここでは主に、運動不足の方に適したストレッチをご紹介します。


1 背中から腰をねじりながらストレッチ

・椅子に深く腰を掛け、背中を伸ばします。
・右足を上にして足を組みます。
・左手首あたりを右膝の外側に当て、右手は椅子の背に置くようにして、体を右後ろにゆっくりとねじります。
・逆に、左足を上にして足を組みます。
・右手首あたりを左膝の外側に当て、左手は椅子の背に置くようにして、体を左後ろにゆっくりとねじります。
・体をねじるときは背筋をまっすぐに伸ばし、臀部から、腰、背中、肩、頭までをねじっていきましょう。


2 腿のストレッチ

・椅子に浅く腰を掛け、右膝を伸ばします。
・両手を右足に沿わせて、上体を前に倒します。
・右腿の裏側をゆっくりと伸ばします。
・逆の足も同様に。


3 臀部のストレッチ
・椅子に浅く腰を掛け、左膝の上に右足の踵が乗るように足を組みます。
・体を前傾させて、右足を抱え込むような感じになりながら、臀部を伸ばします。
・逆の足も同様に。



腰の疲れや痛みは、腰の筋肉からのみ来るものではありません。腿の裏側から臀部の筋肉、背中の筋肉などもゆるめて、腰回り全体の血行を良くするようにしながら、ストレッチしましょう。


腰痛改善ストレッチエントリー一覧